プロンプター手配

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc

プロンプターとは

放送・講演・演説・コンサートなどの際に、電子的に原稿や歌詞などを表示し、演者を補助するための装置・システムを指す。
プロンプターという呼び名は、日本に於いて簡略化したときの総称的な表現であり、正確にはテレプロンプター(英: Teleprompter)が正しい名称。

プロンプターの種類

プロンプターと呼ばれるシステムには、大きく分けて3通りの種類があります。
いずれの場合もパソコンからの原稿映像を離れた場所にある液晶モニタなどに映し出して使用します。

  • A スタジオ用 → ビデオカメラのレンズの前に液晶ディスプレイとハーフミラーが組込まれている。
  • B 講演・演説用 → ハーフミラーが演台の前にセットされる。
  • C コンサート・ライブ用 → コンサートなどではステージの前にディスプレー等を配置する。

小型PCやi-padなどでの簡易表示でのプロンプターもあります。

 

弊社では主に、音楽ライブなどの際にステージ前面に配置する出演者確認用のプロンプターの機材と技師の手配をおこなっております。

※参考価格

・・モニター1台持ち込み、歌詞3曲分:20000円~

拘束時間6時間以内(リハーサル、本番込み)

 

・・モニター2台持ち込み、歌詞15曲分:70,000円~

拘束時間12時間以内(リハーサル、本番コミ)